2010年07月14日

梅酒の飲み方A 〜水割り〜

水割りと一口に言っても、冷やした水で割ったり、常温の水で割ったり・・・少しこだわるとより一層楽しめます。

黒糖焼酎などのような常温での水割りに適しているお酒をベースにつくっている梅酒には、水割りがお薦めのことが多いです。
まだまだこの書き込みをしている担当者自身勉強中なのですが、日々飲みに精進して書き加えていこうと思います。

今まで水割りの水にこだわって一番美味しかったのは、和歌山の龍神スカイラインの途中にある湧き水で作った水割りです。
何ともまろやかで、味わい深い水割りが出来ました。
ドライブやツーリングに行くことがあれば是非お試しあれ。空ペットボトル持参が必須です。




posted by 一平ちゃん at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 梅酒を楽しもう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月13日

梅酒の飲み方@ 〜ロック〜

言わずと知れた、王道の飲み方ロックですが、お酒によって合う合わないが意外とはっきり分かれます。

ブランデーベースなど、香り高く、アルコールを飛ばしながら飲むようなお酒だと、ロックよりもストレートや常温での水割りなどの方がおすすめです。
香りを楽しみたいという方であれば、ロックにするのはフレーバー系などの香りの強いものにしましょう。

ロックを作るなら、氷にもこだわりたいところ。
梅酒バーKIII(ケースリー)ではロック用の氷にもちょっとだけこだわってます。一度見に来てくださいね。


posted by 一平ちゃん at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 梅酒を楽しもう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月12日

梅酒の飲み方 〜はじめに〜

梅酒の飲み方には「ロック」「水割り」「お湯割り」「ソーダ割り」など色々とあります。
そのお酒の種類によってお薦めも美味しい飲み方というのは有りますが、まずは自分に合った、また季節にあった飲み方で、試してみてください。

美味しいお酒に合う、おつまみなども選びたいですね。これはカテゴリを変えてそのうち書きます。

また一緒に楽しむパートナーも厳選したいところです。
梅酒を楽しむ仲間の集う、梅酒バーKIII(ケースリー)をどうぞよろしくお願いします。まぁ、一人飲みも乙なもんですけど。

「味」「風味」「香り」「色合い」など、楽しめるポイントは数ありますが、それらに対しての知識が深まれば、それをより深く楽しむことが出来るようになるものです。
そんな知的好奇心を満たすための参考にしていただけるようにこのサイトを作っていきます。


posted by 一平ちゃん at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 梅酒を楽しもう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月11日

今日の梅酒 その2 〜宇治玉露梅酒〜

1505313008_42.jpg米焼酎で作った梅酒の甘酸っぱさ、玉露のほろ苦さのバランスがよい京風梅酒。

変わりダネだけに、最初飲んだ時は「ん??」という感じだが、

飲むほどにナイスマッチな風味を感じる逸品だ!!

posted by 一平ちゃん at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の梅酒(ビター系) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月10日

今日の梅酒 その1 〜THE bar's ORIENSE〜

middle_1276073685.jpgBarの為に造られた、最強のウイスキー仕込み梅酒「THE bar's」のプレミアムバージョン!!
アルコール度数35度!!

ウイスキーで仕込まれた梅原酒を1年以上熟成させ、更にローストしたオーク樽で寝かせることによりスモーキーな風味をプラス。仕上げに5年物のモルトを贅沢にブレンドして製造。

オークの香り、ウイスキーのビター感に、アルコール度数によるドライ感、丸みのある梅の酸味、そしてまとわりつく「とろみ」・・・

甘ったるいだけの梅酒に飽き飽きしている硬派なアナタに!!

posted by 一平ちゃん at 19:20| Comment(0) | 今日の梅酒(ビター系) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。